不動産の価格について

不動産の価格を算出する方法って?

不動産の価格の算出方法としては、以下の3種類が一般的です。

①収益還元法
アパートや賃貸マンション等、収益物件を売買する場合などに多く
利用されます。 更に詳しく言うとこの中にも2種類ありますが、
よく使われるものが、「直接還元法」です。
1年間の利回りから価格を算出する方法で、例えば10%の
利回りで資金を運用しようとしたら、家賃収入が例えば150万円
であれば・・
150万円÷10%=1500万円
というものです。

②原価法
査定物件を、今の時点で作るとしたらいくらかかるのかを算出し、
建物であれば、年々価値が下がっていきますので、その分を
差し引いたものが原価法で算出した査定価格になります。
銀行等が査定の際に使う場合が多いようです。

③取引事例比較法
査定物件と、過去の類似する物件を比較し査定価格を算出する
方法です。 不動産業者に査定依頼するとこの方法で査定する事が
多いです。 以前が、近隣で2000万円で売れてるからそれぐらい
ですね。。  ちょっと景気もいいので2200万円ぐらいで売り出して
みましょうか! みたいな話の根拠はこれですね。

と、見てみましたが、ほとんどが取引事例に基づいて価格を算出しますので
あなたの物件の良さ、悪さは全く考慮されてません。

ですので、机上査定を数社に依頼して査定価格がポンッと高い業者は、
媒介契約を取りたいだけかもしれませんね。

 

  • Q&Aの一覧へ戻る
  • webから質問・相談する

「不動産売却専門」のプロが、売主様の利益を追求いたします!

  • 不動産売却までの流れ
  • 一般的な売却(両手仲介)との違いって?

まずはお気軽にお問い合わせください!

WEBからは24時間受付中!

WEBで無料相談する

物件を直接確認し、しっかりお調べします。

無料査定を申し込む

お急ぎの方はお電話で(平日9:30~17:30)

TEL:096-273-6099

PAGE TOP