媒介契約の種類について

媒介契約の種類って?

今回は、査定後、説明を受け売却を依頼する業者が決まったら媒介契約というもの
を締結します。 この媒介契約にも種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあり
ますので、ご確認下さい。

◎一般媒介契約 ・・・ 売却を依頼する方(依頼主)は、複数の業者に売却の依頼
をする事ができ、自分で購入者を探すこともOKです。
ただし、業者には依頼者への売却活動の報告義務があり
ません。

◎専任媒介契約 ・・・ 依頼主は、1社の業者にしか売却の依頼はできません。
自分で購入者を探すことはOKです。
業者には、7日以内に指定流通機構(※)への物件の登録
とともに、2週間に1回以上の業務処理状況(売却活動状
況)を文書にて
依頼主に報告を義務付けされています。

◎専属専任媒介契約 ・・・ 依頼主は、1社の業者にしか売却の依頼はできません。
自分で購入者を探すこともできません。
業者には、5日以内に指定流通機構への物件の登録
とともに、1週間に1回以上の業務処理状況(売却活
動状況)を文書にて
依頼主に報告を義務付けされて
います。

(※)指定流通機構(REINS・レインズ)とは、不動産
業者同士が物件の情報を自由に交換できるもの
です。国土交通省が指定している機構です。

以上、3種類が媒介契約の種類と違いです。 ここを踏まえてメリットを見てみます。
○一般媒介 ・・・ 複数の業者に売却の依頼が出来るので、たくさんの購入者に
物件の周知が出来る可能性があります。

○専任媒介 ・・・ 1社に任せられている為、広告活動等にも惜しまずやってくれる
場合が多く、担当者もやる気!が違うかもしれません。
おのずと、その物件に対する業務の頻度も上がりますので
結果につながりやすいかもしれません。

○専属専任 ・・・ 基本的に専任媒介と変わりません。なにもかもお任せする事に
なるので、さらにやる気!!が出るかもしれません。

では、デメリットを・・
一般媒介 ・・・ 複数の業者に依頼している為、広告費等を使って売却活動を
しても、他の業者が売ってしまう事があり活動に力が入りにくい。
最初だけで、他に専任、専属で契約が入ればそちらに力が
流れることも。不動産の営業は、特に成績には厳しい会社が
多いですので、よくあることです。

✖専任媒介 ・・・ 1社にお願いしますので、その会社、担当者によって結果が
決まってしまいます。よく自身との相性、仕事ぶり、専門性、
経験等々考慮が必要です。いくら自分で購入者を探せると
いっても、限界があります。会社、担当者選びに尽きます。

✖専属専任 ・・・ 基本、専任媒介と一緒ですが、更に完全に任せることに
なります。尚、一層の会社、担当者選びが重要になります。

という事でメリット、デメリットを見ていきましたがいかがでしょうか?
結局は、どの契約を選んでも会社、担当者選びにつきると言えます。

中には、専属、専任しか受けないという業者、とにかく売り物件が欲しいので
一般でもなんでもという業者、受けても報告が面倒くさいから一般でという業者
様々です。
こういう所からも業者選びはする必要がありますね。

査定は数社に依頼する!事の大切さが少し伝わればと思います。

  • Q&Aの一覧へ戻る
  • webから質問・相談する

「不動産売却専門」のプロが、売主様の利益を追求いたします!

  • 不動産売却までの流れ
  • 一般的な売却(両手仲介)との違いって?

まずはお気軽にお問い合わせください!

WEBからは24時間受付中!

WEBで無料相談する

物件を直接確認し、しっかりお調べします。

無料査定を申し込む

お急ぎの方はお電話で(平日9:30~17:30)

TEL:096-273-6099

PAGE TOP