税金について

譲渡取得税って? 追補版(3)

今回は、

(5)居住用財産(マイホーム)に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除

のお話をしていきます
前回同様、この特例も  をした場合の特例ですね。
この特例は、住宅ローンの残高から譲渡(売却)した金額を引いた金額、つまり

自宅を売って、住宅ローンが完済できなかった場合、その残高までを限度ととして

(4)居住用財産(マイホーム)の買換えに係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除
と同様に、所有期間5年を超える自宅の譲渡等、一定の要件を満たして、
この特例を使えれば、他の所得からの控除ができますし、控除しきれなかった部分
がある場合にはその分をその翌年以降3年間の所得から控除できます。

この特例では、必ず譲渡して、新しく新居を購入する必要はありません。
買換えを要件とはしていないというものです。

売却して、損が出た場合にもしっかり要件などを確認して、少しでも負担を減らせる
によう、申告は必要だと思います。
特例の要件に当たる方であれば、損して終わりのはずが損した分も控除できるん
ですから・・。

  • Q&Aの一覧へ戻る
  • webから質問・相談する

「不動産売却専門」のプロが、売主様の利益を追求いたします!

  • 不動産売却までの流れ
  • 一般的な売却(両手仲介)との違いって?

まずはお気軽にお問い合わせください!

WEBからは24時間受付中!

WEBで無料相談する

物件を直接確認し、しっかりお調べします。

無料査定を申し込む

お急ぎの方はお電話で(平日9:30~17:30)

TEL:096-273-6099

PAGE TOP